いじめはいやな気分だね。
   いじめられると
    生きていくのがつらい。
     ぼう力は
      こころも身体も傷つくよ。
       みんなみんな大切な
        いのち。
         いっしょに優しく
          生きていこうね。

子育て・女性健康支援センターは、日本助産師会の事業計画のもとに母子保健及び健全な母性・父性の育成を目的に、各県にそれぞれ1カ所ずつ設置されています。宮城県助産師会では、内容の公共性を考え、ボランティア活動としての位置づけとし、会員の中からメンバーを募り、平成14年6月1日に開設しました。
活動の内容は、無料の電話相談をお受けすることをベースとし、助産師ならではの思春期教育などへの講師派遣事業を行っております。
そして、メール世代に育った世代の方々への母子保健サービスとして、平成20年6月1日から、メールによる相談業務を開始しました。
「助産師の愛・知恵・技術は、女性を母に、家庭を育み、地域を活性化します」どうぞお気軽にご活用下さい。


INFORMATION


思春期教育講師派遣について

私たちは普段、妊娠・出産・子育てのスタートラインにおられる方々のお手伝いをしています。
思春期の子どもたちには、ひとり一人が尊く、大切な命であることを伝えて行きたいと考えます。
そして、自己肯定感を高め、生きていくことに、しなやかに賢くあってほしいと願います。
社会に出るまでに、子どもたちに伝えたいことがたくさんあります。
どうぞお声がけください。




みやぎ子育て・女性健康支援センター
982-0817
仙台市太白区羽黒台21-25   電話 022-229-2388・FAX 022-395-4228